本文へジャンプ
けはれ竹工房

林 まさみつ
イメージ

展示会のお知らせ

草木染創作花かごとは

 竹を中心に、出来る限り、漆・植物染料(草木染)・籐などの植物素材のみを使い、作っている花籠です。
 
 花籠作りは大きく分けて、籠作り・染色・塗装仕上げという工程があります。染色をしない漆のみで仕上げた花籠(漆only)、染色も漆もほどこさない花籠(plain)も、この「草木染創作花かご」に含みます。そして、おとしは基本的に竹に漆で仕上げたものを使います。1998年から、けはれ竹工房が「健康と環境に配慮したものづくり」をテーマに始めました。


特長
・自然素材のもつ風合いが楽しめます。
・室内の空気がよごれません。
・使う人、作る人の健康を害しません。
・花によくなじみます。


「けはれ」の考え

・material(素材)――竹・漆(うるし)・植物染料(草木染)
         植物素材のみで作る、健康的でエコロジーな花かごづくり
・mind(心)――ていねい・やさしい・気持ちいい
         花の心に寄り添えるような花かごづくり
・part(役割)――シンプル・小ぶり・実用的
         暮らしの中で長くご使用いただける良質な花かごづくり

 よりよい花籠づくりを求めた結果、「草木染創作花かご」という、シンプルですけれど他にはない花籠になりました。国産の花籠でも、多くの場合、合成塗料や化学染料が使用されています。時には、防虫防カビ剤等が使用されていることもあります。その中で、工房では、植物素材・自然素材のみを使用することを選択しました。それが、美しく健康的な本来の花籠づくりだと考えるからです。
 暮らしの中で花をいけることは、暮らしの中に自然の一部を取り入れることです。部屋を明るく清浄にすることです。そして、生命力豊かな自然とつながろうとする願いです。
けはれの花籠も同じ願いをもって、ひとつひとつ仕上げています。




花と花籠 かご製作者のブログ
林まさみつのブログ

林まさみつのトップページ
手仕事の新しいマーケットプレイスiichi

Facebookページ



けはれ竹工房 林まさみつ

〒874-0938
大分県別府市末広町5−25
TEL&FAX 0977-26-1570




   (C)Copyright 2016 Kehare Takekoubou All rights reserved